宮腰が沖田

では、アスリートですのですが、ここはなんとかして休んで具合を整えて、今後の試合に備えてほしいは想うね。
ラッキー、今度の試合は、18日の磐田戦まで2ウィークあるので、それでは積み増し疲弊、勤続疲弊をでは取り払うとき。それですよね。
トレンドが素晴らしく悪かった。そうであるのであれば。代謝をね。始めるほうが良かったのではないのかな?ってね。
ただ、今年の浦和のですけれども、部員を見ていると、ディフェンスなんですけれども、頑張れるアスリートっていうのは、ダッグアウトを含めるとですが、那須しかいない始末。あるいは阿部をディエンスラインに閉じ込めるという範囲がないっていうのは痛すぎますね。
疲れてくると、槙野、森脇の動作量っていうのが、キーポイントの組ではあるのですが、それがなくなってしまうので、そうなってしまうと、側のアスリートといった連動して、攻撃するのができなくなってしまうのでね。なおさら各種アスリートを通じていくべきかというけれどもね。

荒井が宇井

あの辺りのポンテは、
キレキレでね、ドリブルもできるし、無視もだせる、配置歌唱のキッカーであり、PKキッカーとして、確実にする。PKはしょっちゅうお決まりの手段だったけど、でもハッキリ蹴るため伸びるところに蹴る。それも低めにきっちりと蹴るのよね。
で、2スタートで引き上げるときは、永井が多くて、永井が時機クレアトゥールみたいにこういう2顧客をフォローするような形態としておったのよね。
あとは、夏場についにでてきていたのは、田中達也ね。あのキレキレのスピードでね。ターゲットとしては不愉快のかな?というね。
小野伸二は故障気味で、まずまず現れる事象できず、ベンチに座っていた事象多かったのよね。
ワシントンの1スタートで伸二、ポンテの2シャドーという形態は、こういう年頃はあまりなかったね。
2006年頃のギドのときは、ワシントン1スタートで伸二、ポンテの2シャドーという形態は多かったけれどもね。本気、でかくてかしこいワシントンは反則。